スポンサーリンク

【モンハンライズ】便利機能満載「オトモ広場」でできることまとめ【MHRise】

モンスターハンターライズ

こんにちは。ほゲ部!ひろです。

今回は「モンスターハンターライズ(MHRise)」でも重要な役割を担うオトモ広場について解説してきます。

ここにはオトモ関連の設備がたくさん揃っています。

クエストに行っている間にも様々な恩恵を得ることができる施設ですので、皆さんも是非活用してみてください。

スポンサーリンク

便利機能満載!「オトモ広場」

「オトモ広場」には様々な施設があります。

うまく活用して狩りを有利に進めていきましょう。

早い段階で準備しておけばすぐに慣れていくと思います。

オトモを増やそう「オトモ雇用窓口」

ゲームを始めた段階だとオトモはアイルーとガルクが1匹ずついますね。

しかし、ここ「オトモ雇用窓口」では最初のオトモとは別にオトモを雇用することができます。

雇用するにはお金がかかりますが数百zなので大して痛くはないでしょう。

後に紹介する施設でオトモを沢山使うことになるので5~7匹は雇っておくとよいです。

スカウト機能を使うと、自分の好きな見た目やスキルをもったオトモを雇うこともできます。

オトモのレベルを上げよう「オトモ道場」

雇ったオトモのレベルを上げるときは「オトモ道場」を使いましょう。

クエストに連れていくことでレベルは上げられますが、なかなか複数のオトモのレベルを上げていくのは大変です。

クエストに行っている間に指定したオトモを道場で鍛えておくことでレベルが上がっていきます。

レベルを上げることでオトモスキルが開放されていくので、クエスト以外にもオトモのレベルを上げておくことは大きなメリットとなります。

最大6匹のオトモを連続10クエスト分特訓できます。

使用するにはポイントを消費するので、サイドクエストを積極的にこなして貯めておきましょう。

オトモにアイテムを集めてもらおう「オトモ隠密隊」

「オトモ隠密隊」では最大4匹のオトモを各地に派遣してアイテムを集めてもらうことができます。

派遣するオトモと派遣先のマップを選択すれば、自身がクエストに1回行けば隠密隊も1マス進みます。

なので最大5クエストの間は特に何もせずともアイテムを集めてくれます。

たまにモンスターの剥ぎ取り素材も持ってくるので、まず隠密隊を派遣しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

めずらしいアイテムの入手や交易ができる「交易船」

今作では他の地域との交易を目的とした「交易船」がオトモ広場に来ています。

ここでは持っているアイテムを増やしたり、ポイントを消費して雑貨屋では手に入らないものを購入したりできます。

オトモに交易をしてもらう

クエストに行っている間に潜水艦にアイルーを乗せて交易をしに行ってもらうことができます。

潜水艦はクエストを進めていくと「交易窓口のロンディーネ」から「依頼サイドクエスト」を受けることで増やすことができます。

あらかじめ指定したアイテムをセットして交易に向かわせると、アイテムを増やして持ち帰ってくれます。

貴重な素材や採取が面倒なものは交易で増やしていくのもよさそうですね。

オトモのスキルによっては持ち帰ってくるアイテムの量も変動するので、交易専用のアイルーを育てておくと便利です。

ポイントで交易品を買う

ポイントを使うことで雑貨屋にはない「交易品」を購入することができます。

他にも模様替えに使える「特産品」や通常よりお買い得なアイテムが並ぶ「掘り出し物」があります。

おそらく品ぞろえはランダムなので、こまめにチェックしておくと良いでしょう。

大木の上の「フクズクの巣」は要チェック!

気付いていないひともいるかもしれませんが、「オトモ隠密隊」横の大木の上には「フクズクの巣」があります。

大木裏のツタを登っていき、枝を少し歩いていくと巣に触れることができます。

ここではクエストに行っている間にフクズクが集めたアイテムが持ち帰られていることがあります。

1クエストに1回調べることができますが、クエスト回数を沢山こなしてから調べた方がより良いモノが入っている気がします。(要検証)

高値で売れるものも入っていることがあるので、思い出したときに覗いてみるとよいでしょう。

コンボの確認や基本操作は「修練場」で!

「交易船」の横から船に乗って「修練場」に向かうことができます。

ここでは自分の装備している武器を練習することができます。

大砲などのギミックの練習も可能なので、操作にまだ慣れていない方は一度ここで自由に操作を確かめてからクエストに向かいましょう。

 

created by Rinker
任天堂
¥50,798(2021/04/14 22:32:14時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました